アジャイルは機能横断型ゾーンディフェンス

ソース画像を表示

機能横断型チームは、ゾーンディフェンスである。

チーム一丸となってカバーする、サッカーと同じコンセプトだ。

将棋や碁盤の目のような、厳密な境界線で守備するのではなく、近いメンバーが助け合いながら、エリア全体のバランスを取るのがゾーンディフェンスである。

境界線で守ると、自分の境界線だけに意識がいってしまう。
敵が自分の縄張りに来たら攻撃するが、撃退したら、それ以上は追わない。
自分のチームが攻められているにも関わらず、自分の担当している区画だけ対応するから、境界線だと部分最適に陥ってしまう。
周囲への配慮がなくなる。。
担当制の痛いところだ。

ゾーンでは、クリアな境界線はない。
近い選手が助け合いながら、チーム全体でミッションを完遂する。
エリア全体を、チーム一丸になって、連携しながらカバーする仕組みだ。

ゾーンで守れば全体最適につながる。
全体バランスを考える。
場合によってはゾーンを交代する。機能横断的なチームなら可能である。

これを境界線にしてしまうと、一歩でも出たら、もう知らない。管轄外だ、圏外だ、になってしまう。
そうすると同じゲームをしているのに、チームが分断されてしまう。周りに対して無関心になってしまう。

顧客価値を届けるには、ゲーム全体を俯瞰し、ゾーンで考えることが必要だ。

ソース画像を表示

スターバックスでは「レジ係」と「バリスタ」がいる。
全てのパートナーは、両方の役割ができる。
担当制だとボトルネックが生じるから、どちらもできるように訓練するのだ。

顧客に価値を提供するゾーンレベルで考えると、スターバックスという店(エリア)の全体最適を考えるから、ボトルネックがあれば、解消するために全員が共同する。
皆が、自発的にサイドチェンジして対応するのだ。

自陣でのコーナーキック時。前線の選手も戻ってくるし、キーパー後方のネット際で守る選手もいる。
チームがピンチの時、センターフォワードだから、トップ下だから、という個人の役割を超えて、試合全体の状況を俯瞰し、柔軟、且つ自発的に、チームとして必要な行動を取るのである。

アジャイルチームは、チームで掲げたゴールのために、コレクティブに協働する。

チームのことだけ、考えた。――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったか

新品価格
¥1,620から
(2018/6/3 18:39時点)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中