プロダクト進化が止まらない 継続的インプット駆動型アウトプット

ソース画像を表示

プロダクトは売って終わりではない。

新しい機能を追加したり、操作性を高めたり、デザインを洗練したりして、プロダクトをどんどん進化させていかなくてはならない。
なにもしないとプロダクト・ライフサイクルはどんどん短くなる。継続的に投資していくことで、長く愛されるプロダクトになる。

リリース時点では最高のプロダクトを市場に投入する訳だが、マーケット導入後から、今のプロダクトが最良ではないと考えることから始まる。
ポルシェではないが、「最新は最良」の哲学を体現していくためには、今あるものがベストではないと考える事から始まる。
まだまだ改良の余地があると考え、プロダクトの改善点を探していく。
よりよりプロダクトを生み出すことに、終わりはない。

  • プロダクトのアピールポイントを磨き抜く
  • 競合商品との差別化を加速する
  • オーナーだけに提供されるエクスクルーシブなプレミアム・サービスを用意する

プロダクトの成長戦略はいろいろあるだろうが、大事なことは、作り手であるプロダクトマネージャー・プロダクトオーナー自身も成長することである。
プロダクトを進化させていくためには、作り手も一緒に成長していかなくてはならない。成長しない人から、どんどん進化するプロダクトは生まれない。

では、どうやって作り手が成長していくか?

インプットを増やすしかない。
それも漠然と自己啓発とかいうことではない。
プロダクトに関わる多くのインプットとフィードバックを獲得するのだ。

  • 自社のプロダクトを知る
  • 競合他社のプロダクトを知る
  • 会社の戦略を知る
  • 使用可能なテクノロジーを知る
  • 主要ユーザーのフィードバックを得る
  • 運用チームのフィードバックを得る
  • 自身の掲げたプロダクトビジョンとの整合性をチェックする

多角的な視点でプロダクトを分析、評価し、次なる改善策を練っていく。この過程で研究し、学び、自分自身もアップデートしていく。

学びを最大化するためには、自分の考えは横に置いておく。
まっさらな気持ちでコミュニケーションを取る。先入観があったり、相手よりも自分の考えが優れていると思っていると、得られる学びすら得られなくなる。
オープンな気持ちで、腹を割って話す。
本質的なフィードバックが得られるよう、自分の心は無にして話を聴こう。

イメージは自分がカラカラのスポンジになったつもりで聴くことだ。
全てのことを吸い上げるつもりで聴こう。難しい顔をして話を聞いては行けない。教えてもらうスタンスで穏やかな表情で話しをすることだ。そういう関係ならチームが安心して想ったことを話せるから、真の学びが得られる。現実的な透明性の高い情報が得られるから、判断の精度も高まる。

関わるチームの安心感が得られる情報の透明性を高め、自らの判断の精度も高める。
チームメンバーの発言はじっくり聞こう。耳を傾けよう。

自らのインプットを最大化すれば、自らのアウトプットも最大化される。
そして、あなたのアウトプットはあなたのプロダクトをよりイノベーティブなプロダクトに進化させる。

あなたのインプットが最大化すれば、プロダクトのアウトプットも最大化される。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中