第一印象だけじゃない アジャイルに効果的なメラビアンの法則

ソース画像を表示

メラビアンの法則をご存じだろうか。

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが1971年に発表した「サイレントメッセージ」に由来する。

メッセージの訴求力を調査したところ、下記の結果が得られた。
言語によるメッセージ: 7%
聴覚によるメッセージ: 38%
視覚によるメッセージ: 55%

視覚を通してのメッセージが最もインパクトが強いことがわかった。

意思決定を助ける 情報可視化技術- ビッグデータ・機械学習・VR/ARへの応用 –

新品価格
¥2,484から
(2018/5/12 17:26時点)


アジャイルで「見える化」とか「可視化」と言われる根拠が説明された訳だ。
話すよりも、聞かせるよりも、見せるのが1番効果的だ。

見せるにもポイントがある。
見えても大量の文字だと理解に時間がかかる。時には、途中であきらめて読まない輩もいるだろう。そうなると見える化の意味が無い。瞬時に理解してもらうには工夫が必要だ。

文字以外で見せるのだ。

  • 数字

チームで共有しているマークがあるならそれでもいい。一目見て、理解に直結するものがいい。

そうすれば、見える化=理解の同期がとれるから、本質的なチームのコミュニケーションとコラボレーションに繋がる。

国際的なプロジェクトでチームがインターナショナルな場合でも効果は絶大である。言語や文化は違ってもスマイリーは同じだ。

もう一つ。
話をするときでも、視覚のパワーを借りよう。言葉だけだとイメージを共有するのが難しい時がある。ホワイトボードに書いて、それを見ながら話をする。ぐっと理解が深まること請け合いだ。

コミュニケーションに視覚的要素を含めるだけで、共通の認識が進む。

プロダクト開発でプロトタイプができると、その後の開発が一気に加速するだろう。理由は見える化にある。具体的なものがあると、関係者のイメージが統一されてくるし、具体的なフィードバックも出やすくなる。

ものづくりにおいて、見せることは魅せることだ。
視覚のパワーを最大限活用しよう。

意思決定を助ける 情報可視化技術- ビッグデータ・機械学習・VR/ARへの応用 –

新品価格
¥2,484から
(2018/5/12 17:26時点)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中