アジャイルプロジェクトガバナンスが簡素化できる理由

製品・サービス制作をプロジェクト化して進める際、大別すると「ウォーターフォール」と「アジャイル」の2つのデリバリーモデルがある。

2つの違いを表わしたのが、下の概念図である。

(Source: sph)

ウォーターフォールでは、最初に要求を固めてからリリースするまで動くソフトウェアは登場しない。フェーズゲート単位で検査は繰り返すが、現物を通してのインスペクションではないから、リアルワールド(現実)とは乖離がある。

ウォーターフォールではこの乖離を最小限にするために、多くのドキュメントでカバーする。最後までモノが見えないのだから、重厚なガバナンスが必要だ。ドキュメンテーションも沢山あって立派でないと不安だ。こうして、最終成果物ではない、中間成果物に大量の時間とコストを費やす。承認やチェックポイントは多い方が好ましいし、1人でも多くの人に関与してもらった方が安心できる。最後のビッグバンローンチに向けて、全員でリスクを共有しないと恐ろしいことになる。

一方アジャイルでは、早い段階からモノが上がってくる。もちろん要求と違うこともあるが、毎回のイテレーションで軌道修正していけばいい。コードはチェックされ、統合された動くソフトウェアだ。今のリアルワールド(現実)を表わしているのだから、今あるカタチを検査してずれを修正できる。アジャイルのプロセスには自動的にリスクヘッジの仕組みが搭載されているのだ。最後までリスクを持ち越す事がない。リスクを低減する機会がイテレーション毎にやってくる。

アジャイルでは、ウォーターフォールのような重厚長大なガバナンスは必要ない。ウォーターフォールのような百科事典のようなドキュメンテーションも不要だ。目の前にある動くプロダクトを通してリスクを特定できる。リスクはイテレーション毎に顕在化する。

最初から動くソフトウェアを展開していくから、TDD等の技術的プラクティス、チームレベルでコードを担保するモブプログラミングの導入、常時結合のふるまい等アジリティを高める努力は必要だ。だが、従来型のような重量級のドキュメンテーションや形骸化したガバナンスはもう必要ない。インクリメントの品質チェックはチームがしていくから、レビューや承認は組織レベルで必要なものになるだろう。

アジャイルは現地現物を旨とする。現物を通して、リアルな現実を検証する。リスクを特定する。軌道修正を繰り返す。組織がアジャイル化するとき、従来のガバナンスをそのまま持ってきてアジリティを殺してしまうケースをたびたび見かける。組織のルールだからではなく、なぜ今のルールがあるのか、それが現地現物の原則を持ってしても必要なのか組織レベルで再検証することが必要だろう。

ソーシャル・プロジェクトを成功に導く12ステップ コレクティブな協働なら解決できる! SDGs時代の複雑な社会問題

新品価格
¥1,944から
(2019/4/23 08:33時点)