Prince2ファンデーション資格試験の傾向と対策

ソース画像を表示

Prince2は英国のプロジェクトマネジメント手法だ。

英国はもちろん、米国でも一般に「プリンス」と呼ばれている。

プロジェクトガバナンスにプリンスを採用する国が増えている。

それに伴いプリンスの資格取得者も増加している。

日本でもプリンスホルダーをちょくちょく目にするようになった。
大抵が米国プロジェクトマネジメント協会のPMP資格とのダブルホルダーだ。

プリンスの資格試験は「基礎」と「実践」の2種類ある。

  • ファンデーション
  • プラクティショナー

基礎であるファンデーションは誰でも受けられる。プロジェクトの経験も不問だ。
実践であるプラクティショナーを受験するには、ファンデーションホルダーでなくてはならない。PMI認定PMP取得者はファンデーション要件が免除され、プラクティショナーから受けられる。

世界19ヶ国語で受験できる。もちろん日本語版もある。
プリンスの日本語精度はわるくない。たまに英語直訳(?)みたいな問題もあるが、それでも解答を誤ってしまう程ではない。

Managing Successful Projects with Prince2 (日本語版)

新品価格
¥9,902から
(2018/5/14 19:39時点)


今回はプリンスの基礎であるファンデーション資格試験の傾向と対策について取り上げよう。

<ファンデーション試験概要>

  • 試験時間: 60分
  • 試験形式: またはオンライン
  • 出題形式: 四択
  • 問題数: 70問 ※厳密には75問ある。5問はダミー問題で採点対象外。受験者にはどの問題がダミーかわからない。
  • 合格ライン: 正答率50%(35問の正解)
  • 公式テキストの持込み: 不可 ※公式テキストの試験会場への持込みは上位資格であるプラクティショナーのみ。

合格率は概ね90パーセントと言われており、落とすための試験ではない。
受験者にはプロジェクト未経験者も含まれているから、プロジェクト実務者なら合格率はもっと高くなるだろう。

試験はプリンスの知識を問う問題である。
知っていれば即答できるし、知らなければ深く考えても答えはでない。

問題は単問の完結方式だ。
ひとつひとつ順番に解いていけばいい。前後で関連している問題はないから、前の問題を読み返したりする手間もない。

問題文は短い。たったの1~2行である。多くても3行くらいである。

例えば、こんな感じの出題である。

<例題>
プロジェクトの最終責任者はどの役割ですか。

a) プロジェクト・マネージャ
b) エグゼクティブ
c) プロジェクト保証
d) シニア・ユーザ

1~2行の文で質問されて、答えは四択から選ぶ。
ちなみに答えは、bである。

出題パターンは3つある。

① ~のものを選べ。
② ~でないものを選べ。
③ 穴埋め(空欄に適切な用語を選ぶ)

②のような質問もあるから、早とちりして最初の正解を選んではいけない。どちらで聞かれているか注意しよう。

深くはないが、幅広く出題される。
プリンスの原理原則、テーマ、プロセス、テーラリングからまんべんなく出題されるが、原理原則や役割を問うものが比較的多い。

最期に、受験にあたりポイントを4つ。

① わからなくても必ず選ぶ
エッセイではないから選べばいい。間違っても減点にはならない。得点できないだけだ。だから、必ず解答しよう。

② わかるものから解いていく
時間的にタイトな試験ではないが、リズミカルにわかるものから解いていこう。単問完結式だから、後から戻って解きやすい試験だ。即答できないものは飛ばそう。後で戻ればいい。

③ ベストの解答を選ぶ
2つまで絞り込んでどちらか迷うことがある。実際に両方とも誤りでないこともある。そういう場合は、よりふさわしい解答を選ぼう。複数の選択肢が正しい場合、ベストなものを選べば間違いない。

④ 訳のわからない問題は気にしない
5問のダミー問題が含まれている。選択欄に見たことのない単語が並んでいたり、どれも正解と思えない(またはどれも正解と思える)場合、ダミー問題である可能性が高い。50%の正解で合格である。時間をかけ過ぎないようにしよう。

プリンスのファンデーションはプロジェクトに関わるあらゆる人にお薦めだ。
プロジェクトを円滑に進めるにはPMだけがプリンスを知っていても無意味だ。関係者全員で共有してこそ意味がある。

特にグローバル案件で、海外メンバーと協働する場合、プリンスが共通言語の役割を担う。プロジェクトの進め方でコンセンサスが取れているのは安心感絶大だ。

プリンスのファンデーション資格研修は、複数のスクールで定期的に開催されている。研修も試験も日本語で受けられる。2~3日で研修と試験がセットになっているものが多い。

試験だけでも受験できるから、腕に覚えのある人は試験だけでもいいだろう。

まずはファンデーションから初めてみてはどうだろう。

Managing Successful Projects with Prince2 (日本語版)

新品価格
¥9,902から
(2018/5/14 19:39時点)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。